美女が本当に嫌う、男が持つ3つの要素

By HERO

世の中には、魅力的な女性が本気で嫌うものがいくつかあります。

「本気で嫌う」というのは、その美女があなたの他の部分を好きだとしても、それだけであなたへの好意の全てを終わらせてしまうというくらい嫌いなものだということです。

「そんな恐ろしいものが世の中にあるとは…」という皆さんの畏怖の声が聞こえて来ますが(笑)、かなりの男性が実はそれを持っているのです。

では、具体的に何なのか、恐る恐る見ていきましょう…

1.女性のために「何でもする」

恐ろしや恐ろしや…

これはいわゆる「いい人」タイプの犯しやすい間違えです。例えば、自分の重要なはずだった約束や予定をキャンセルしてまで、女性の予定に合わせたりすることです。

こういった行為は、「僕はあなたのために何でもしますよ。自分の人生の他のことの全てよりも、あなたの方が価値があるんですから。何でもする代わりに、僕のことを認めて、かまってください」と言っていることになります。

こうやって意訳すると(笑)、下らないように聞こえますが、実はかなり多くの男性が「何でもする」ことによって女性を振り向かせようとしてしまっているのです。

…大間違いですよ!

魅力的な女性はこういった男の行為が大嫌いです。…彼女たちは普通大っぴらに男性に「そういうの大嫌い」と言いませんが、心の中で本気で嫌がっています。

2.弱虫

恐ろしや恐ろしや…(笑)

これは言うまでもなく、美女たちは大嫌いです。

例えば;

「ねぇ…あの…あのさぁ、夜、電話かけても、いい? いや、いやならもちろんいいんだけど」

「〜ちゃんみたいなきれいな女の子は俺なんか相手にしないよね…」

ぁぁぁぁぁぁ…書いているだけで鳥肌が立ってきました。もしあなたがそういった言動をしてしまっていたら、すぐに止めましょう。

3.女性にすがりつく

これは男としても、大人としても、あらゆる意味で最悪です。

色々なタイプの「すがりつき」がありますが、中でも悪名高いのが「自分の評価を聞く」タイプのものや、「君がいなければもうダメだ」タイプのものです。

例えば;

「今日のデート、大丈夫だった? つまんなくなかったよね?」

「〜ちゃんに嫌われたら俺なんてもうどうしていいかわからないよ」

「もしダメだったらダメな所を全部言って。直すから!」

…痛痛しいです。これらを聞いたら美女たちは即その場から逃げ出したくなるでしょう。

ではこういったタイプに当てはまってしまう男性はどうすればいいのでしょうか。

…答えは簡単です。

大人の男性に変身しましょう!

「大人の男性」とは、自分の人生に自分で責任を持ち、自分の個性を磨きながら自分のスタイルで人生を謳歌する男性です。大人の男性は、女性から認めてもらうために自分の力を犠牲になんてしない男性です。美女たちが欲しているのは、何でも自分たちの言う事を聞く奴隷(「ただのいい人」と読みます)ではなく、こういった大人の男性なのです。

 

この、「魅力的な大人の男性」になることによって女性を魅了する、というコンセプトに基づき、オトナノダンセイドットコムは男性たちをコーチングしています。このコンセプトに賛同し、自分も魅力的な大人の男性への道を歩みたい、という方は、是非「大人の男性の教科書」を読んでみてください。