私は四十代後半の男です。私のような年齢の男は、限られた出会いの場で我慢しなければならないと思うのですが、どうでしょうか。

HERO様

突然のメールで失礼します。加藤と申す者です。「大人の男性の教科書」を読ませていただいた者です。「大人の男性の教科書」は本当に素晴らしい本だと思います。特に、自身の魅力を磨き、「どんな男でありたいか」と自分で望むような男になるために内面や生活を改善していくというのが私の気に入りました。是非セミナーにも参加させていただきたいと思っております。

ただ、「大人の男性の教科書」を素晴らしいと思った反面、「若い女性を相手にする方向けに書かれている物なのだろう」という感想も持ちました。私は四十代後半なので、自分を取り巻く現実もそれなりに見えているつもりであります。私が出会う相手や交際相手は三十代後半以上が多く、一度以上結婚をしていることも珍しくありません。「いぢめる」「焦らす」などの「大人の男性の教科書」に載っているコミュニケーションのテクニックは二十代の、一度も結婚をしていない女性たちに有効なのは理解できますが、バツイチの三十代後半にはあまり通用しないのではないでしょうか?

私の年齢層の男たちは、出会い系や、お見合いパーティーや、あまりない伝手を頼って限られた出会いの場で我慢するしかないのではないかと思うのですが、どうでしょうか? どれだけ個性(HERO氏の言う「ビルド」)を磨いても、若い女性を相手にするときには結局年齢の差というものが歴然と残ってしまうのではないでしょうか? また、「女性は金や地位やルックスでなく個性を最も重要視する」というHERO氏の意見に基本的には賛成しますが、私の年齢になれば金や地位を使っていかないとダメなんではないでしょうか? 

質問が多くて恐縮ですが、私はHERO氏をこの分野の本当のエキスパートだと考えているので、他の人からは答えをもらえないだろう私の本音を恥ずかしながら吐露させていただきました。私の年齢層の男たちの声だと思って答えていただけたら幸いです。

(横浜市 加藤さん)

加藤さん、メールをありがとう御座います。

まず、「教科書」のテクニックが若い女性専用なのではないか、という疑問ですが、答えはNOです。

例えば「いぢめる」テクニックですが、これはどんな年齢層の女性も大好きです(笑)。私の所には加藤さんの年齢層を含む色々な年齢層からサクセスストーリーが送られてきますし、もちろん私も出会う全ての美女をいぢめます(笑)。もちろん、個人によってあるテクニックが有効でない場合もありますが、それは個体差であって、年齢層が高い=「教科書」に載っているテクニックが効きにくいという事ではありません。

「教科書」は、「女性関係の成功を望む全ての男性が最初に読むべき本」という副題にあるように、全ての男性に有益であると私が信じていることを書いたものです。ただ、「参考書」に載っているナイトクラブでのテクニックは、若い女性を相手にすることを念頭に書かれています(そもそもナイトクラブにいるのは10代、20代の若い女性がほとんどだからです)。

そこで、加藤さんの挙げられた次のポイントに繋がると思います。40代後半の男性は限られた出会いの場で我慢するしかないのではないかというポイントです。

…興味深いポイントですね…

私が思うのは、あなたに制限を加えているのは、常にあなた自身だということです。

46歳だろうが23歳だろうが、「俺の出会いの場はここしかない」と信じていれば、その人の出会いの場はそこにしかありません。逆に、60歳でも「街中どこでも美女と出会ってやるぜ」と思っていれば、世界中が出会いの場となると思います。

つまり、その人に制限を加えているのはその人の年齢ではなくその人の考え方だということです。

例えば、「俺は街で美女に声をかけるには歳をとりすぎている」「そんなことをする年齢じゃない」「俺みたいなオジサンを若い女が相手にするわけがない」などと考えてしまっていませんか?

加藤さんは「私は四十代後半なので、自分を取り巻く現実もそれなりに見えているつもりであります。」と仰り、「私が出会う相手や交際相手は三十代後半以上が多」いと言っておられます。

しかし私は、加藤さんが出会う相手や交際相手が三十代後半以上であるというのが加藤さんの「自分を取り巻く現実」であるということを信じる必要はないと思います。

三十代後半以上の素晴らしい女性がたくさんいるのはもちろんですが、若い女性と付き合うのも全然ありですし、可能ですよ。私は世界中で、二十歳ほど歳の離れた女性と付き合ってる男性を何人も知っています。

ここで最後の質問が出てきます。「年齢層が高い男性は金や地位といったものを使っていかないといけないのではないか」という質問です。

…使えるものは使っていいんですよ! 富と地位のある社会的な大人の男性というビルドは全然ありです。

年齢層が高い男性は、若い女性に、彼女たちと同じ年齢層の男たちが出せない価値を提示できるわけですから、それを提示する事によってパワフルなプラス表現が可能です。 

ただし、お金や地位といったものは使い方を間違えるとマイナス表現になってしまします。注意してください。(もし、まだ「大人の男性の参考書」を読んでいなければ、このプラス表現/マイナス表現について書いてあるので是非読んでみてください)

年齢が自分の女性関係の成功を妨げているという幻想を捨てて、もっと自分の可能性を信じることが最善かと思います。

メールをありがとうございました。セミナーでお会いできるのを楽しみにしています。

(---HERO---)

注)本サイトの記事の内容はあくまでエンターテイメントを目的とした個人の意見であり、効果を保証したものではありません。また、個人は自分の判断で行動し自分の行動に責任を負うものであり、著者は読者個人の行動に責任を負いません。